まずは真性包茎と仮性包茎の違いについての情報収集をしよう

まずは真性包茎と仮性包茎の違いを情報収集で把握

男性器の亀頭部分に包皮が被った状態になっている包茎ですが、複数の種類に分かれます。
そして大抵の場合は真性包茎あるいは仮性包茎のいずれかですが、具体的な症状が異なります。
そのため治療を考えるとしてもまずは、それぞれの違いを情報収集によって把握しておくことが大切です。
仮性包茎とは包茎ではあるものの自分で包皮をめくれる状態のことで、特に健康に問題はありません。
健康的な男性の中にも、仮性包茎のままで普通に暮らしている人は大勢います。
それに対して真性包茎は包皮が祈祷をしっかりと覆ってしまい、めくるのがほぼ困難です。
人によっては亀頭の組織と癒着してしまっていることもあります。
また亀頭と包皮の間には垢が溜まって、菌の繁殖地となっていることも珍しくはありません。
したがって将来的に大きな病に発展するリスクがあります。
なのでできるだけ早めに医療機関に行って、治療を受けた方が良いです。
つまり仮性包茎と真性包茎には、リスク面での違いがあるわけです。

対処法や料金が違ってくる

情報収集で集めなければならない真性包茎と仮性包茎の違いは、症状だけではありません。
いざ治療をする場合には、その内容も異なります。
仮性包茎は包皮を物理的に切除する他に、糸で包皮を引っ張るという方法があります。
それに対して真性包茎では、包皮を取り除く以外に手はありません。
したがって糸で何とかなると思っていたら、メスやハサミを使うこととなり、慌てることになる可能性があります。
そのようなことにならないよう、情報収集で正しい知識を身に付けていなければなりません。
さらに治療費に関しても差があり、仮性包茎は大抵の場合自費診療扱いとなります。
そのため保険が使用できず、数万円から数十万円になります。
けれど健康に問題がある真性包茎だと、保険適用によって負担する割合が少なく済みます。
そのような違いがあるため、それぞれの治療にかかる費用の相場も、情報収集によって把握しておいた方が良いでしょう。

まとめ

真性包茎と仮性包茎は、それぞれ緊急性が異なります。
仮性包茎は生活に特に悪影響を及ぼさないことも多いです。
しかし真性包茎は放置しておくと、改善されることはまずありません。
したがって症状が悪化しないようにするためにも、早めに治療した方が良いです。
もし自分がどちらかわからない場合は、情報収集によって具体的な例と照らし合わせながら、判断すると良いでしょう。
優先すべきなのは、男性器を問題なく使用できることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。